脱毛で起こりうるトラブルを回避

脱毛で起こりうるトラブルを回避

ペンをかむ女性

光脱毛は安全な脱毛方法でもありますが、ごく稀ですがトラブルを引き起こしてしまう事もあるようです。ではどんなトラブルがあるのでしょうか?

硬毛化

産毛を脱毛した事によって、産毛が脱毛以前よりも濃くなってしまうこと。照射光のターゲットがメラニン色素で、メラニン色素が熱を発生させて毛根にダメージを与える脱毛法の場合に引き起こされます。

硬毛化したらどうすればいいの?

硬毛化した毛も、脱毛回数をさらに重ねる事によってだんだんと無くなっていきます。薄い毛だからは早く脱毛が完了するわけではなく、むしろ逆でとても時間がかかるのです。

硬毛化を避ける

硬毛化を避けるには、メラニン色素をターゲットとしない脱毛法を選ぶことが大切。メラニン色素をターゲットとしない脱毛法は、SHR脱毛です。

ヤケド

脱毛することによって、ヤケドを引き起こす人もいるようです。

ヤケドのリスクを下げよう

ヤケドのリスクを下げるには、「保湿をふだんから心がける」ということが大切です。
乾燥した肌に脱毛照射をすると、熱さや痛みを感じやすくヤケドのリスクも高くなってしまうのです。
おすすめは脱毛前にしっかりと保湿をすること。保湿をする事で肌が潤い、光もスムーズに伝わるため、ヤケドのリスクを回避するだけではなく、脱毛効果も上げる事ができます。

もっとヤケドのリスクを下げるには

それでも心配!という方は、照射の温度が低い脱毛法を選びましょう。
照射の温度が低く、ヤケドのリスクがほとんどないと言っていい脱毛法は、「SHR法」「ハイパースキン法」です。これらは高い熱を発生させないので、ヤケドのリスクは無いと言っていいでしょう。

エステのカウンセリング

脱毛時に起こりうるトラブルは心配ですよね。回避することはもちろんできますので、これらの事は頭に入れておきましょう。

また何かあった場合は必ずサロンスタッフに相談してください。なかにはクリニックドクターと提携しているサロンもあるので、医師の指示を受けることができます。